Kadenz,

雑記

12/9 イベントレポ(としたい いのりまち)

12/9(日)に、グランドプリンスホテル新高輪で行われた「佐倉としたい大西」、東京国際フォーラムで行われた「いのりまち町民集会」に参加して来ました。






10:30に品川駅で佐倉としたい大西(以下としたい)の方の連番者のいのすけポケと待ち合わせ、そのまま、としたいの物販に向かいました。


10:30過ぎに会場に到着したので、割と並んでるかなあ、と思ったのですが、物販エリアはガラガラだったのでビックリしました。

余談ですが、自分たちが着いた頃には既に争奪戦が終わった後だったらしく、かなりの商品が売り切れてたみたいです。

目当てのパンフを手に入れたのですが、このときまだ11:30で開演までかなり時間がありました。
なので、日本橋ポケモンセンターに向かいました。


151匹イベントの関係でたくさんぬいぐるみ置いてあってとても可愛かったです。
カードの方は朝一での入荷だったらしく、サプライはかなりの数置いてありました。

で、自分はゲンガー&ミミッキュのデッキケースと、迅雷スパーク15パックを購入しました。

目当てのゼラオラをゲットできてよかったです。



昼(としたいイベ)


14:00スタートということで、13:15くらいに東京駅を出て品川に戻り、会場に向かいました。

この会場(グランドプリンスホテル新高輪飛天の間)は今週、FNS歌謡祭が行われた会場なだけあり、非常にセレブ感に溢れていました。庶民の僕はかなり場違いでした。(今まで見たことのないデカさのシャンデリアが3つありました…w)


無事14:00を迎え、イベントがスタートしました。

まずは2人の挨拶と軽い自己紹介があり、そこから話が脱線しいきなり10分間のフリートークになっていました。レギュラー放送でもそんな感じで、お便り読まなかったりするので平常運行なんだなあ、と思いました。


そしてフリートークが終わり、祝電というコーナーが始まりました。

会場の誰しもが、佐倉さんと大西さんへの祝電だと思っていたと思いますが、なんとこの2人が祝電を送る側で尚且つ、その相手がこの会場からすぐ近くの東京国際フォーラムでイベントをしていた水瀬いのりさんでした。

向こうにこちらの映像が繋がるまでの間は2人が、向こうの映像を見ながらくだらないことを話して盛り上がりました。

そして映像が繋がり、向こうにこっちの映像が映った時の水瀬さんの驚いた顔は画面越しで見てもすごいおもしろかったです。現地で見てた方はなおのことと思います。

そして、のんびり3人と鷲崎さんで喋り、また、2人に戻りました。

で、戻ってきていきなりのコーナーがフリートークでした。らしいですよね。本当にこの番組のテキトーさはおもしろくて好きです。

そしていくつかの企画を終えた後、ゲストがまだきてないので探してくるという話になり、2人は舞台を一旦おりました。

その間には、過去のとしたい放送の名シーン集が流れて懐かしさとともに笑いがこみ上げてきました。ラジオ体操のやつとか、マジ卍間島淳司は本当に好きなので久しぶりに見られて良かったです。

そして、映像が終わり、ゲストの日高さんが登壇しました。

まだ、2人は戻ってきてないので、舞台にはゲストのみという状況になっていました。

そして、佐倉さんだけがステージ上に戻ってきて、それに続いてゴ・パクチャンという方がステージにやってきました。

彼女は誕生日を祝う名人ということで、日高さんの誕生日を祝いに来たみたいなのですが日高さんの誕生日は6月なので全く関係ないんですよね…
こういうのも面白いので本当に好きです。それに加えて彼女は日高さんのことを「ひだ かりな」と間違えて呼んでいたのも面白かっです。

ここでの企画が、「このような時、可愛い女の子はどうする」みたいな感じで、3人が無理やりぶりっ子をやってるのが少し痛くておもしろかったです。

このあとの企画のことを書くと長くなってしまうので端折ります。





夜(いのりまち町民集会)





そして僕は水瀬いのりのFCイベントに向かうため有楽町に行きました。

そして、物販代行をお願いしていたそらまめさんに、グッズの受け取りとお金の引き渡しも兼ねて挨拶をさせていただきました。そらまめさんは本当に良い方で外見も爽やかなん感じだったのですごい好青年という印象を受けました。改めて本当にありがとうございます。助かりました。


会場に入り、自分の席が1階2列32という席で、自分の前の1列目は機材が置いてあったりして人がいなかったので、自分が実質、1列目のど真ん中って感じでした。

会場に水瀬さんが登壇して改めて思いましたが、本当に近いです。驚くほど近かったです。肉眼で顔がはっきり見えたり、ノーマイクの鷲崎さんの笑い声や、水瀬さんのクスッと笑った声も聞こえました。


イベントが始まり、すぐとしたいの方とまた電話が繋がりました。しかしこの時の水瀬さんの顔はまたお前らが見たいな冷めた顔でおもしろかったです。僕個人として、水瀬さんのラジオなどでの冷めたような態度はかなり好きなので、見ていてとても良かったです。

いくつかコーナーがあり、水瀬さんの好きなラジオの発言は?というコーナーが1番印象に残っています。「あなたの耳にリトルシューゲイザー」という企画内での発言で構成されていました。会場の人は受け付けで受け取ったパネルで1〜4の数字を掲げてアンケートを取るという形でした。(この形式の企画はほかに何個かありました)
この企画で使われた音声は水瀬さんが嫌々リスナーに言わされた音声なので流れてるときの顔はすごいおもしろかったです。

ただ、1つ残念だったのは、このコーナー内で1番自分が印象に残っていた、「いのりがぬいぬいしてあげる」って発言が選択肢になかったのが残念でした。

そしてフリートーク含めいくつかの企画が過ぎ、ライブパートに移りました。
セトリはこんな感じです。


1.Lucky Clover

2.Ready Steady Go

3.TRUST IN ETERNITY

4.Wonder Caravan(来月の新曲)

5.あの日の空へ

6.Happy Birthday


僕個人として激アツアツアツだったのが「あの日の空へ」です。以前ブログにも書きましたが、この曲が水瀬いのりの曲の中で1番好きです。前奏、伴奏、メロディー、歌詞の全て僕の好みで、その楽曲を生でさらには目の前で見ることができ、とても嬉しかったです。単純に聞けるだけで嬉しい曲を眼の前で歌ってもらえる経験は恐らく今後一切ないと思うので、忘れないようにしたいです。


終わりに



今日はとても充実した濃い1日になりました。
恐らくこんな経験今後一生できないと思います。大切に記憶の中に収めておきたいと思います。

余談ですが、僕の目線の高さがちょうど水瀬さんの足の位置だったんですけど、めちゃくちゃ脚綺麗でした。真っ白でアニメの足のような光沢感がありました。

もちろん顔もよく見え、とても可愛らしかったです。すごい輝いていて眩しかったですね。




イベントが終わり、有楽町を出て錦糸町に向かいなりたけでラーメンを食べました。

3ヶ月ぶりくらいに行ったので久々に食べられて良かったです。


ほんとに今日1日楽しかったです。
いのりまち、としたいのスタッフの方々、そしてキャストの皆さん本当にありがとうございます。

そして、物販代行してくださったそらまめさん、本当にありがとうございます。

またこのような機会あれば良いなと思います。←サムネ用

2018シーズンの横浜DeNAベイスターズ総括

本日の阪神戦をもって今年の横浜の全日程が終了しました。

「victry is with...」の画像検索結果

今年の横浜の成績は67勝74敗2分で4位でした。

 

横浜は昨年日本シリーズに出場し大きなステップアップをできたと個人的に感じていたので残念です。

 

 

というわけで今年こののような成績になってしまった要因をいくつかあげます。

 

まず一つ目、去年の主力投手の不調です。

去年チームトップの11勝を挙げた今永がリーグワーストタイの11敗、チーム最多勝率のウィーランドが4勝9敗といったところです。

開幕前にはこの2人と東濱口で45勝はいけると思ってたので大きな誤算でした。

現に東が11勝しているわけですからね。ウィーランドは今期限りでの退団ということで、どうこう言えませんが今永濱口には来年2人で30勝を目標にコンディション調整をしっかりしてほしいですね。

 

二つ目、筒香の想像以上の勝負弱さ。このチームは8番投手制を採用しているので上位→下位のつながりは悪くても下位→上位のつながりはよくなるはずなんんですが、4番の彼がここぞという場面で仕事をしない試合ばかりでした。殊勝打数は多いらしいですが、様々な場面で彼にちゃん明日を潰されたなあという感覚が見てる側には伝わってきました。原因は彼だけではないですが、本塁打数リーグ1位、得点数リーグ最下位というのにつながっている気がしました。ただ出塁率は.390くらいあるので、1番筒香は来年も試す価値は大いにあると思います。

 

三つ目、下位のつながりの悪さ。昨年は倉本戸柱といった打点を多く稼げる勝負強い選手が下位にいることで打線全体に厚みが出て、筒ロぺ宮以外の場所からでも得点が期待できましたが、この2人が今年はそろって2割弱、得点圏で打ったのも数回程度。これじゃあ勝てませんよね。見てて上位しかわくわくしません。得点の気配すらしませんし。

 

四つ目、梶谷神里の離脱。打線のピースとしてうまくはまっていたのにつぶされてしまいました。これによってさらに打線が薄っぺらくなりました。読売阪神反省してください。

 

ただ収穫もありました。東ソトバリオスの大車輪の活躍です。彼らには今年足を向けて寝られません。来年もお願いします。

 

個人的に東は5年以内の沢村賞、ソトは三冠王をとれるだけのポテンシャルがあると思っています。今後の活躍に期待です。

 

最後になりますが、今年横浜は優勝争いに大きく食い込めると思っていたので、Bクラスという結果はとても悔しいです。一ファンの自分がこれだけ感じているので選手たちはもっと感じてると思います。この悔しさをバネに来年はこそは優勝争いに足を突っ込んでほしいです。

 

 

 

個人的2019ベストオーダー

1 3筒香

2 9ソト

3 8梶谷

4 5宮﨑

5 7神里

6 2伊藤

7 4柴田

8 1東

9 6倉本 

 

 

歌手水瀬いのりのすゝめ

f:id:kiss_shot_diary:20181210010615j:image

この記事を開いてくれた人で、歌手水瀬いのりについてよく知らないという人がいたらこの記事は是非読んでほしいです。またもともと歌手水瀬いのりのファンという人はわかりを共有したいので少しでも目を通してほしいです。

声優としての水瀬いのりは世の中一般的にオタクと呼ばれる人ならば、大体知っていると思いますが、歌手活動に関してはあまり認知されていないと思います。実際自分の周りの人たちはこのような人が多いです。

そんな中で水瀬いのりの歌手活動について少しでも知ってほしかったのでこの記事を書いています。

前置きが長くなってしまいました。

 

紹介に移ります。

 

1stシングル「夢のつぼみ

 

このシングルからはカップリング曲の2曲を紹介します。

 

「笑顔が似合う日」

この曲はアップテンポな曲調に明るいポジティブな歌詞が乗った曲でありながら、裏に流れるベースがめちゃくちゃ効いていいる曲です。

また歌詞の方も心に残るようなものになっています。個人的には二番のサビの「あの頃は 足りない力にまだ 気付けなくて 届かない 強い思いも あるんだなって」が一番のお気にいりです。報われない努力に対する心の叫びが表現されているのかな、と思います。最後のサビはまた一番同様、明るい詞が乗っています。曲の中で一つの物語が完成してるとてもいい曲になっています。

 

「あの日の空へ」

この曲はこのシングルのタイトル曲の「夢のつぼみ」、先ほど紹介した「笑顔が似合う日」とは対照的な、とても落ち着いたバラード曲になっています。個人的には音楽は落ち着いた曲調の方が好みなのでこの曲はどんぴしゃりな曲でした。

そして歌詞は一人切なく佇む様子が描かれていて、メロディーもそれにこたえるようなはかなげなものになっています。

自分のお気に入りの詞は二番のサビ「想いは めぐりゆく奇蹟(とき)、明日を超えて 出会えた場所まで いつかは 手をつないで 遥か遠くまで 同じ未来を 紡ぐよ...」です。最後の紡ぐよのところはメロディーにも変化が加わり、とても深い味わいを醸し出しています。初めてこの曲の個々の部分を聞いた時は鳥肌が立ちました。

 

このシングルはタイトル曲も心に響くとてもいい曲です。自分は激推しできるまでではなかったので割愛させていただきましたが、興味があったら「夢のつぼみ」も聞いてみてください。

 

3rdシングル「Starry Wish

 

 

このシングルからはタイトル曲の「Starry Wish」と「夏の約束」を紹介したいと思います。「MELODY FLAG」はラジオのテーマ曲になっているので今回は割愛させていただきます。

 

Starry Wish

この曲はテレビアニメのED曲になった曲です。しかしこの曲は曲調にアニソン感が出ておらず、とても聞きやすいです。また前奏、間奏、バックのほとんどでピアノが用いられて、歌詞の切ない孤独な雰囲気にとてもいいスパイスを加えています。またこれはライブに行かれた方やライブBDを買った方にしかわからないと思いますが、この曲の演奏中の水瀬いのり、めちゃめちゃかっこいいです。BD買いませんか?

 

「夏の約束」

この曲はこのシングルのカップリング曲としてリリースされました。この曲はひと夏の切ない恋を描いた曲です。曲調も比較的穏やかで、夏の夜に一人でぼーっと聞いていられる曲です。二番のサビとラストのサビの間のメロディーはとても癖になります。

 

このシングルは全体的に夏っぽい雰囲気を醸しているものが多いです。季節もぴったりですし、ぜひ聞いてみてください。

 

1stアルバム「innocent flower」

 

 

このアルバムからはタイトル曲の「innocent flower」を紹介します。

 

「innocent flower」

この曲はアルバムの一番最後の曲で、このアルバム一の楽曲であると思います。全体的に落ち着いた雰囲気のバラード調の曲でメロディーのバランスがとても取れてる曲です。またサビの部分、後ろでピアノがすごくいい味をだしサビをさらに盛り上げています。この曲はサビがあってこその曲であり、メロディー、歌詞も申し分ないものになっていると思います。歌手水瀬いのりを知るうえで一番重要な曲だと自分は思っています。歌手水瀬いのりに興味を持ったらまずこの曲から入ってください。絶対に買って後悔するような曲にはなっていません。

 

4thシングル「アイマイモコ

 

このシングルからはカップリング曲の「夏夢」を紹介します。

 

「夏夢」

この曲は夏、誰かとともに過ごした、切なくそしてしっとりした思い出を語る夏らしいバラード曲になっています。メロディー、詞ともに全体的に落ち着いた雰囲気で流れています、が少し変化がある部分があります。二番とラストのサビの間の「まるでほら 思い出は蜃気楼のように いまはもう あるはずのない未来を映すよ どこか切なくて なぜか愛しくて つい手を伸ばしてしまう」という部分です。心の中にたまったたくさんのものが一気にあふれ出したような曲調であり、水瀬いのり自身の歌い方も相まってとても切ない雰囲気を醸しています。自分はここの部分めちゃくちゃ好きです。季節にもフィットした曲なのでぜひ聞いてもらいたいです。

 

2ndアルバム「BLUE COMPASS

 

つい先日、発売されツアーも行われたアルバムです。このアルバムから歌手水瀬いのりにドはまりしたというフォロワーさんがいたのでとても嬉しかったですね。そしてこのアルバムからは「三月と群青」とタイトル曲の「BLUE COMPASS」を紹介します。

 

「三月と群青」

 

この曲は卒業を控え離れ離れになること恐れながらも、別れを受け入れ、秘めていた思いを吐露する曲になっています。曲調は落ち着いた中に、感情の揺れを表すような激しさがアクセントとして加えられています。これらの部分はめちゃくちゃ自分に刺さりました。中学時代を思い出させましたね。この曲のほぼすべては、最後の「ずっと前から君が好きでした」のためのスパイスなんじゃないかってくらいここの詞の存在感はでかいです。このアルバム一二を争う名曲だと思うので聞いてほしいです。

 

BLUE COMPASS

 

この曲は水瀬いのり史上最長の6:34に及ぶ超ロングバラードです。でありながら水瀬いのりの楽曲の中で三本の指に入る名曲だと思っています。一番はピアノだけで伴奏が構成され、とても落ち着いた雰囲気になっていますが、二番では少し楽器が増え場面変化とともに曲調が少し変化しました。これらのメロディーの特徴にピッタリな詞も最高にいいです。自分のお気に入りの詞は「海原にたった一人で だけど本当は一人じゃなくて 声が聞こえる 数えきれない 想いと手を繋いで 遥かな時 渡ろう いっしょに」です。どこの部分かは詳しくは書きません。聞いて確かめたみてください。買って後悔する楽曲ではないと自信を持って言えます。なのでぜひ。

 

 

どうでしたか?完全に自分の主観入りまくりでほかの人とは違う感じになったかもしれませんが、興味は湧きましたか?湧いてもらったのであればうれしいです。また以前から知られていた方はどうでしたか?重なっている部分はありましたか?良さを共有したいので、良かったらぜひ意見を聞かせたください。みなさんは水瀬いのりの曲の中で何が一番好きですか?自分は迷いますが「あの日の空へ」か「innocent flower」もしくは「BLUE COMPASS」です。

 

あとここでは紹介してませんでしたが1stライブの時に披露された「Dreaming girls」と「コイセヨオトメ」の振り付けがとてもよかったのでぜひBD買って見てください。

Amazon CAPTCHA

 

またなにかあったら @kiss_shot_poke までお願いします。

 

ps.水瀬いのり関連サイトのURL貼っておきます。

 

水瀬いのりオフィシャルサイト

https://www.inoriminase.com/

 

水瀬いのりオフィシャルFC「いのりまち」

https://www.inorimachi.com/

 

水瀬いのり MELODY FLAG

http://melody-flag.com/

 

水瀬いのりオフィシャルツイッター

https://twitter.com/inoriminase?lang=ja

 

 

水瀬いのりライブレポ

7/1 テスト期間にもかかわらず幕張まで足を運んで水瀬いのりファーストツアーBLUECOMPASSファイナルに参加しました。


物販待機列がバグってました。結局3時間45分かかりました。

で、買ったのはポスター2枚とペンライトと、シャツです。


2時前に物販の列から抜けられ、駅のサイゼに行きました。眠かったのでユーフォ見ながらて寝ました。

4時を過ぎたところで、メッセに戻りました。

始まるまではユーフォ見ながら時間を潰してました。



始まりました。



や、なんとねセトリわすれました。


んで、最初は隣のオタクのコールやペンライトの振りが鬱陶しいかったのですげえイライラしてました。

アンコールに入ってメロフラがかかりました。


ステージに水瀬いのりいない!どこって思ってたら、こんな感じでトロッコに乗ってやって来ました。

開いた口がふさがりませんでした。通路をずっと来たみたいで、あれもしかてくるのではと思ったらなんと、

この距離で来たんだけどやべーw

正直言って意味わかんなかった。

目が合ったし、投げキッスもしてもらった。勘違いでもいいよ漏れ。

と言うわけでただただやばかったライブでした。